薄毛は悪いことではないのですから、隠そうとする髪型を考えるのでは無く、薄毛でもかっこよく見えるヘアスタイルを取り入れる対策もあるのです。

髪型次第で薄毛は目立たなくなる!?

髪の毛が十分に残っていたときには、いつでも好きな髪型にセットして楽しむことが出来ました。
ですが薄毛で悩むようになってからは、とにかく目立たないようにとか、頭皮を隠すことばかり考えてセットするようになる男性もいますよね。

確かに薄毛が目立たないか気になってしまいますし、全ての髪の毛がなくなっているわけではありませんから、髪型次第では隠せると思ってしまうのです。
ですが、薄毛で悩んでいる場合には、隠すことを中心にした髪型よりも目立たないようにする髪型の方がおすすめです!

髪が薄くなり始めた男性

薄毛が目立たないような髪型を心がける方が、不自然さもなく周囲の人たちからも自然に見えるのです。
薄毛が気になる場合には様々な髪型を試すでしょうが、ヘアスタイルによっては薄毛と調和が出来ていて目立たなくなるので薄毛対策にすることが出来るのです。

無理やり薄毛を隠そうとしても目立つばかりで逆効果!

薄毛で悩んでいるのですから、できるだけ髪の毛には注目されたくないものですよね。
ですが髪をセットするときに薄毛を隠そうとすれば、どうしても一度決めた髪型が崩れないようにガチガチに固めてしまう事が多くなります。
髪の毛が少しでもずれてしまうとせっかく隠した部分が見えてしまう事になりますが、固めすぎると髪の動きが不自然になるので注目されてしまい逆効果なのです。

少ない毛量で隠すためには、できるだけ髪の毛を長く伸ばす方法もあります。
上手く隠せる位置にセットが決まっていれば良いものの、何かの拍子で髪の毛が流れたときに不自然に長い事がバレてしまいます。
それを見た人は薄毛を必死で隠そうとしていると思うでしょうし、頑張って隠そうとしていたことがバレると恥ずかしいものです。

薄毛を隠さず短髪にする男性

世の中には薄毛の人もたくさんいますから、無理に隠そうとせずに自然にしておいた方が注目されないものです。
隠したいと思っているのは本人だけなので、自然な髪型にしたおいた方が周囲の人も気にしなくなるのです。
ただ、目立たないだけではなく女性にモテたいなどの願望がある場合には、ヘアスタイルも重要になるので育毛剤を使って対策をすることも必要です。

髪を短く整えるとバランスがよく、まとまって見える

薄毛に悩んでいると残った髪の毛は大事に思えるでしょうが、髪の毛を長く伸ばしてしまうとどうしても薄毛の部分とのギャップが大きくなってしまうのです。
そうなると長い髪よりも薄毛の部分が注目を集めるようになるので、髪は全体的に短めの方が薄毛が目立たなくて済むのです。
見た目の印象は全体的なバランスも関係してくるので、薄毛が気になる場合には髪の毛を全体的に短くしておいた方がギャップが少なくなり目立たなくなるのです。

バリカンでベリーショートヘアにする途中の男性

薄毛でもカッコイイと思われている芸能人には、やはり髪を全体的に短くしている人がたくさんいます。
逆に薄毛なのに髪を伸ばしている人には、芸能人でもカッコイイという印象をあまり持たれないので、薄毛で悩んでいる場合には思い切って短くすることも有りなのです。

薄毛に馴染むオシャレなヘアースタイル5選!

髪型次第では薄毛でもかっこよく見えるものですが、実際にどういったヘアースタイルが良いのか分かりにくいものです。
薄毛の進行状況なども関係してきますが、基本的には短めの髪型の方が自然と見える場合が多く、女性からの印象もよくなるのです。

ソフトモヒカン

両サイドを短くすることによって、生え際とのギャップがなくなりますから薄毛が目立たなくなるのです。
しかも中央は頭頂部にかけて長めになるので、自然な感じで薄毛を隠すことが出来るのです。
本格的なモヒカンとは違って、ソフトモヒカンであれば女性からも引かれませんしオシャレに見せることが出来るのです。
似た髪型にショートモヒカンもありますが、こちらは頭頂部の髪がさらに短くなるので、オシャレさよりも爽やかさ重視の場合におすすめです。
ソフトモヒカンのイケメン

ベリーショート

全体的に短くしてしまうことで、髪の量が多くなくても自然な感じに見せることが出来る髪型です。
坊主とは違ってある程度の長さがありますから、毛先を遊ばせることも可能なのでTPOに合わせてヘアスタイルを変えることも出来るので便利です。
両サイドを特に短くすることで、薄毛を目立たなくすることが出来るのでおすすめです。

参考サイト:オールバック刈り上げグランジ/ホットペッパービューティー

オールバック

生え際が後退し始めてくると、どうしてもそこを隠そうとすると前髪を垂らす髪型を選んでしまいがちです。
ですがそうなると上の方から前髪が垂れることになるので、見た目が変に見えてしまうのです。
ですからあえてオールバックにすることで、堂々とおでこを見せてしまえば見る人も気にせずに注目しなくなるのです。
しかもオールバックの場合、頭頂部が薄くなっている場合も自然な形で隠すことが出来るのでオシャレなだけではなく実用性も高い髪型です。
オールバックヘアのイケメン

スポーツ刈り

薄毛になった場合には、長く伸ばすよりも短くした方が自然と見えます。
普通に坊主にしてしまう方法もありますが、スポーツ刈りにした方が失敗が少なくて済むのです。
坊主にしてしまうと子供っぽくなる場合があり、オシャレ坊主に関しても利用する美容室によって差が出てしまうのです。
ですがスポーツ刈りであれば失敗も少ないですし、爽やかさも演出できるのでおすすめです。
参考サイト:ホットペッパービューティー

スキンヘッド

中途半端に髪の毛を残すよりも、思い切ってスキンヘッドにしてしまうのもありなのです。
ただ、これは薄毛が相当進行してから選ぶことになる髪型というイメージもあるので、こうなる前に育毛剤などを使った対策をするのがおすすめです。
ただ、スキンヘッドであれば髪の毛がどれだけ少なくなっても問題ありませんし、見た目の印象もスッキリとしていて好感を持たれる髪型です。
スキンヘッド!

地毛にこだわらずカツラやヘアコンタクトも活用

薄毛がどんどんと進行していくと、どうしても人と会うたびに頭部が気になるようになってしまいます。
早い段階で育毛剤を使い始めていれば、薄毛や抜け毛の進行を食い止められたかもしれませんが、何もしないと範囲が広がっていくのです。
薄毛が気になって他の事が手に付かないような場合には、カツラやヘアコンタクトなどを使って隠す方法もあります。

カツラをかぶって元気になる男性のイメージ図

カツラは留めなければならないのである程度の毛量が必要となりますが、薄毛が進行してからでもヘアコンタクトならば手軽に貼ることが出来るので便利です。
以前よりも薄毛で悩む人にとって便利な商品があるので、コストはかかりますが悩み続ける必要なありません。
カツラやヘアコンタクトを使って即効性のある対策をしながら、育毛剤を使って長期的に悩みを解決する方法もあるのです。

整髪料やパーマが薄毛を進行させることも!

薄毛になる原因の一つは、整髪料やパーマ液に含まれる成分も関係しているのです。
髪型をセットするために使った整髪料が頭皮に付着すると、その成分が刺激となりダメージを与えて薄毛が更に悪化していくことにもなります。
髪のボリュームを出したくてパーマを使う男性もいますが、パーマ液も髪の毛を細くする原因となるので注意しなければなりません。

パーマによって髪の毛がふわっとなりボリューム感は出せますが、何度も繰り返すと毛が細くなって薄毛が目立つ事にもなるのです。
髪型を整えるためには整髪料を使う事になりますから、頭皮ケアができる成分が配合されたチャップアップのような育毛剤を使うことも考えなければなりません。
何もせずにダメージの原因となる整髪料を頭皮に付着させ続ければ、どんどんと抜け毛が増えて悩むことになるのです。

髪型によって薄毛は目立たなく出来る!

薄毛を気にして隠そうとすると逆効果になり目立つものの、髪型を工夫すれば目立たなくすることは出来るのです。
ですがこういった対策は薄毛の悩みを元から解決するものではないので、どんどんと毛量が減っていけば髪型のバリエーションも少なくなります。
初期の薄毛であれば髪型によって目立たなく出来ても、抜け毛が増えて状態が進行していけばカッコイイ髪型を楽しめなくなるので、できる限り早く育毛剤を使った対策などが必要です。