原因が分からなければ正しい対策も出来ませんから、薄毛対策をしたいと考えている場合には男性型脱毛症について知っておく必要があるのです。

男性型脱毛症と普通の薄毛とはどう違うの?

男性型脱毛症とはAGA(andorogenetic alopecia)と呼ばれることもある薄毛の症状のことで、男性ホルモンや遺伝がその原因となって抜け毛が増えたり薄毛が進行していく場合のことです。
ですから男性でも思春期を過ぎて、男性ホルモンの分泌が活発になってから男性型脱毛症は進行が始まることになるのです。

男性型脱毛症のイメージ図

男性型脱毛所に見られる特徴としては、いわゆるM字状に生え際が後退するか頭頂部から薄くなっていくのです。
もちろん薄毛の状態には個人差もあるので、その両方から薄くなる場合もありますが、他の部分に関しては薄くならないのです。
ですから男性型脱毛症の場合には、薄くなる部分や進行がいくつかのパターンに当てはめる事が出来るのです。

どうして男性型脱毛症になるの?その原因とメカニズム

男性ホルモンにはアンドロゲンやデヒドロエピアンドロステロンなど様々な種類がありますが、男性型脱毛症の原因となるものはテストステロンになります。
このテストステロン自体は薄毛を引き起こす原因とはならず、減ってしまうと男性更年期障害を引き起こすこともあるので必要な男性ホルモンなのです。

ですが前立腺や肝臓などの臓器から分泌される5αリダクターゼの影響を受けると、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのです。
男性ホルモンや5αリダクターゼの分泌自体は病気によるものではなく、遺伝の影響もあるので分泌量には個人差もありますが健康であれば普通のことです。

毛周期の解説イラスト

そして男性型脱毛症の原因となるのは、ジヒドロテストステロンに変化した男性ホルモンなのです。
このジヒドロテストステロンは髪の毛の成長サイクルを狂わせる原因になり、しっかりと成長しないうちに抜けてしまう事になるのです。

成長すれば太くてしっかりとした髪の毛になったはずですが、ジヒドロテストステロンの影響で早い段階で抜けてしまうことになり抜け毛が増えるのです。
しかも生えてくる髪の毛も細くて産毛が多くなるので、薄毛が目立つようになるのです。

男性型脱毛症?薄毛・抜け毛が気になる場合の5つのチェックポイント

抜け毛が増えたと感じた場合でも、何が影響しているか判断しにくいものです。
ですから自分で薄毛や抜け毛が気になり始めた場合には、簡易セルフチェックをするのもおすすめです。
もし男性型脱毛症の疑いが強くなった場合には、少しでも早くクリニックで相談したり育毛剤などを使った対策を始めた方が良いのです。

  • チェックポイント1:身内の薄毛
    遺伝的な要素も関係してくるので、身内に薄毛の人がいたかどうかを確認します。
    自分の両親だけではなく、祖父母に関しても確認しておくことが大事です。
    もし身内に薄毛の人がいた場合には、遺伝的に男性型脱毛症になりやすいと考えられます。
  • チェックポイント2:髪の質感
    髪の毛の質感が細くなったりハリやコシがなくなってきているかどうかを確認します。
    男性型脱毛症の場合、成長サイクルが狂ってしまうので髪の毛がしっかりと成長しきれない場合が多くなるのです。
    その結果、細い髪の毛や産毛が多くなってしまうので、髪の毛そのものの状態を確認します。
  • チェックポイント3:薄くなり始めた時期
    髪の毛が薄くなり始めたのは、思春期を過ぎてからかどうかを確認します。
    思春期を過ぎる頃になると、男性ホルモンの分泌量が増えるのです。
    特に20代の頃が多くなるので、思春期を過ぎてから抜け毛が増え始めた場合には男性型脱毛症の可能性が高くなります。
  • チェックポイント4:薄くなってきた場所
    どこから薄くなっているのかを確認します。
    男性型脱毛症の特徴としては、生え際がM字に後退し始めたり頭頂部から薄くなり始めます。
    両方とも薄くなる場合もありますから、薄毛が気になる場所を確認することが大事なのです。
    他の部分が薄毛になっている場合には、男性型脱毛症ではない可能性が高いのです。
  • チェックポイント5:進行具合
    薄毛が進行しているかどうか。
    季節の変化など他に原因がある場合、一時的に抜け毛が増えて悩むものの、いつの間にか気にならなくなる場合もあります。
    ですが男性型脱毛症の場合には、薄毛の進行は季節が変わってもゆっくりとですが同じように進行していくのです。

無料診断を実施しているクリニックで相談すると効果的

セルフチェックを行ったとしても、自分の薄毛の原因に対する不安が消えない場合もありますよね。
そんなときにはしっかりと判断できるように、クリニックで行っている無料診断を受ける方法もあります。
皮膚科などで相談をすると料金がかかりますが、AGA専門のクリニックなどでは無料診断を行っている場合が多いのです!

AGA治療クリニックで医者に相談中の男性

実際に自分では男性型脱毛症かどうか判断できていない状況であっても、専門医に診断してもらえればはっきりさせることが出来ます。
薄毛の原因が何か分かれば、それだけその後の対策もしやすくなります。
費用がかかると躊躇するかもしれませんが、専門クリニックでは無料で相談できる場合が多いので安心です。

自宅でできる対策は育毛剤・シャンプーが効果的

男性型脱毛症の場合、男性ホルモンが変化することが原因になります。
ですが男性ホルモンを抑制するような薬は、副作用の危険も大きいので処方薬となり気軽には使えません。
ですが5αリダクターゼを抑制することが出来れば、テストステロンも変化しないので薄毛の原因物質に変化しなくて済むのです!

しっかりシャンプーをして育毛をする男性

THE SCALP5.0Cなどの育毛剤にはキャピキシルが配合されており、これは5αリダクターゼを抑制する効果が期待できるので、男性型脱毛症の対策が自宅でも簡単に出来るのでおすすめです。
他にも育毛シャンプーを使う事で、頭皮の血行促進や潤いを与えるなど育毛剤の効果が出やすい環境を整えてくれる効果が期待できます。
皮脂汚れなどもしっかりと落とさなければなりませんから、シャンプーに関しても育毛に向けて作られている育毛シャンプーが便利です。

毎日正しい生活リズムや食生活を続けること

薄毛の原因には男性ホルモンばかりではなく、普段の生活が影響している場合もあります。
夜更かしや不規則な生活をしていることも悪影響になるので、規則正しい生活リズムを取り入れることが大事なのです。
仕事の残業や付き合いで飲みに行くなど、寝る時間が不規則になるものは極力避けなければなりません。

食生活に関しても偏った栄養では、抜け毛が増える事になるのです。
ダイエットで栄養が足りない場合だけではなく、肉や油の多い食事をしていると頭皮にも皮脂が増えて毛穴が詰まりやすくなるのです。

毛穴の皮脂汚れに注意が必要なだけではなく、さらさらの血液も髪の毛に栄養を運ぶためには必要なのです。
そのためには食事に野菜や海藻などを必ず取り入れて、栄養バランスを考えたメニューにしなければなりません。
脂っこい食事は美味しくても、好きなものばかり食べていたのでは髪の毛にとって良いことではないのです。

対策は休まずに長期間継続させる必要がある!

薄毛や抜け毛の原因が男性型脱毛症だった場合、季節が変わったり環境が変化しても症状は進行していくことになります。
ですからそのまま放っておくとどんどんと薄くなっていきますから、すぐにでも何らかの対策をしなければならないのです。

しかも男性ホルモンや5αリダクターゼの分泌には遺伝や体質も関係してくるので、短期間では改善しませんから長期的に対策を続けていかなければなりません。
少なくとも半年程度の期間は続けていかないと効果は感じられないものなので、途中で途切れずに済む対策が必要なのです。
たまに野菜を食べるとか早く帰って眠るとかではなく、常に継続していく必要があるのです。

生活リズムや食事内容をしっかりと管理するのが難しい場合には、育毛剤を毎日使うという方法があります。
育毛剤は自宅で行える対策ですから、誰かに知られることもありませんし毎日でも継続しやすい方法なのです。

育毛剤ならば薄毛対策が継続して続けられる

仕事をしていれば残業もありますし、付き合いもありますから食事なども偏ってしまうものです。
こういったやる気があっても継続しにくい方法で薄毛の対策を考えていると、途中で挫折することになるのです。
男性型脱毛症は途中で進行が止まってくれるわけではありませんから、対策には継続しやすい方法である育毛剤が便利です。