薄毛や抜け毛に悩む男性にとって、その原因はとても気になるものではないでしょうか。
世の中には様々な原因が言われていますが、中でもよく聞くものが男性ホルモンが原因だという話しです。
女性に薄毛で悩む人が少ない事からも、なんとなく男性ホルモンが原因だと思っている人も多いようです。

本当に男性ホルモンが原因で薄毛や抜け毛が増えるのか、他には原因がないか解説します。

男性ホルモンが原因で髪が薄くなっていた?

男性ホルモンによって薄毛になるとすれば、それはどういった影響によるものでしょうか?
男性だけではなく女性にも薄毛で悩む人はいますし、全ての抜け毛や薄毛の原因が男性ホルモンだけではありませんが、少なからず髪にも影響を与えることになるのです。

男性ホルモンの一つであるテストステロンは、実は毛を濃くするなど男性らしい肉体に必要な成分なのです。
筋肉質だったり毛深い姿は男性らしいものですが、それにはテストステロンという男性ホルモンが影響しているのです。
そう聞くと男性ホルモンによって髪の毛が濃くなることはあっても、薄毛の原因にはならないと思うかもしれませんね。

実はテストステロンが変化して別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになることがあり、この変化によって今度は薄毛の原因となってしまうのです。
男性ホルモンを悪者のように考える人もいますが、薄毛の原因は男性ホルモンの変化によるものであり、毛深い場合も男性ホルモンが影響しているのです。

AGAの原因は男性ホルモンの変異によるものだった

AGAは男性型脱毛症と呼ばれていますが、その原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンによるものなのです。
元々このジヒドロテストステロンは薄毛の原因とはならない、テストステロンとして分泌されています。
テストステロンのままの状態であれば薄毛の原因とはならないのですが、これが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変異してしまうのです。

5αリダクターゼの分泌に関しては、個人差があり遺伝の影響も関係してくるのです。
ですから男性ホルモンの分泌が多い男性の場合でも、5αリダクターゼの分泌が少なければジヒドロテストステロンに変化する量も少なくAGAで悩まなくて済むのです!
AGAは男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変異する事が原因だったのです。

男性ホルモンを抑制すれば薄毛予防になるの?

AGAの原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンですが、元々はテストステロンという男性らしさに繋がる働きをする成分なのです。
確かに男性ホルモンを抑制すれば、結果的にジヒドロテストステロンの量を減らすことが出来るので、薄毛予防としての効果が考えられる方法ではあります。
ですが男性ホルモンの抑制は、都合よくジヒドロテストステロンだけを減らすことが出来るわけではないのです。

薄毛の予防として男性ホルモンを抑制すれば良いと考えている人もいますが、そうなると男性らしさに繋がるテストステロンも抑制することになります。
その結果、性欲減退などの副作用を引き起こすことになるので、薄毛予防としてはおすすめできません。
テストステロンが抑制されてしまうと、筋肉や毛深さなどの男性らしさもなくなりますし、場合によっては副作用によって別の問題を引き起こす可能性もあるのです。

男性ホルモンの低下は身体に様々な異変が起こり危険

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性にしてみれば、男性ホルモンの抑制で薄毛対策としての効果が考えられるのであれば興味がありますよね。
ですがそれ以外にも様々な影響が身体には起こるので、薄毛の対策として男性ホルモンを抑制する方法はあまりおすすめできません。

どういった異変が身体に起こるのかというと、

  • 不安になったりイライラしたり落ち着かなくなる
  • 性欲減退や場合によってはEDになる
  • 筋肉が減ったり疲れやすくなる
  • ひげが薄くなったり伸びるのが遅くなる
  • 心筋梗塞や狭心症

男性ホルモンが低下すると、ここに上げた以外にも様々な異変が起こるのですが、心筋梗塞などの命に関わる危険も増えるのです。
ですから男性ホルモンを抑制して薄毛対策をすることはリスクがあるものの、5αリダクターゼの方を抑制する育毛剤ならば安心して使えるのです。
THE SCALP5.0Cやバイタルウェーブのように、5αリダクターゼを抑制する効果が期待できるキャピキシルを配合した育毛剤がおすすめです。

知ってましたか?抜け毛・薄毛の原因は日常生活の中に潜んでいた

抜け毛や薄毛の原因となるジヒドロテストステロンですが、その他にも様々な原因が考えられるのです。
ですから病院で相談したらAGAではない薄毛の場合もあり、そういったものは日常生活の中に原因が考えられる場合も多いのです。
男性ホルモンなどとは違う、日常生活の中に潜む抜け毛・薄毛の原因を解説します。

残業や夜更かしによって寝る時間が遅い

人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌するのですが、たくさん分泌する時間帯が夜の10時から2時までと決まっているのです。
仕事で残業をしていたり、遊んでいて寝る時間が遅くなるとそれだけ成長ホルモンの分泌が少なくなります。
その結果髪の毛の成長に関しても悪影響が出ることになり、抜け毛や薄毛の原因となるのです。

睡眠不足が薄毛の原因と考えている人もいますが、何時間寝たかという事だけではなく、寝ている時間帯も重要なポイントなのです。
十分な睡眠時間があったとしても、夜の10時から2時にかけて寝ているかどうかが重要なので、残業や夜更かしでこの時間帯に眠れていないと薄毛の危険が高まります。

仕事や家庭のストレスが原因となる

仕事によってストレスを感じることがありますが、場合によっては家庭でもストレスを感じることになります。
どちらも逃げ出すわけにはいきませんし、ストレス解消方法を身につけなければなりません。
ストレスを感じているのに解消できていないと、自律神経の乱れや血行不良に繋がるのです。

自律神経が乱れると血流が乱れることになり、栄養がしっかりと髪の毛に届かなくなってしまうのです。
そうなると抜け毛も増えますし、薄毛になっていくのです。
仕事と家庭で毎日のようにストレスを感じる場合には、ストレス解消が間に合わない場合も多くなるので育毛剤を使ったケアが大切になります。

食事の栄養バランスがしっかりと取れていない

髪の毛の成長にも栄養は必要ですから、栄養が足りていなければしっかりと成長することが出来ずに抜け毛が増えることになります。
食事はしっかりと食べて栄養を取っているつもりの人もいますが、食べる量だけではなく栄養バランスが重要なのです。
肉を中心とした食事であったり、油っぽいものばかり食べている場合は薄毛のリスクが高まります。

野菜や海藻を食べるなど、しっかりと栄養バランスを考えた食事が重要なのです。
脂質の多い食事を続けていれば、皮脂が増えたり血液がドロドロになって血流が悪くなることになるのです。
血の流れが悪くなれば、栄養を取っているつもりでも髪の毛までその栄養は届かないので薄毛になってしまうのです。

タバコの喫煙も抜け毛・薄毛の原因

タバコを吸うことによって、ニコチンが含まれているので血管が収縮することになります。
もちろんそうなると全身の血流が悪くなりますから、頭部の血流も悪くなるのです。
血流が悪くなると栄養が流れにくくなるのですから、髪の毛の成長にも影響が出るので薄毛の原因となるのです。

タバコは薄毛の原因だけではなく、他にも様々な問題を引き起こすことが分かっています。
ですから少しでも薄毛を予防したい場合には、禁煙をすることが重要なのです。
ただ、分かっていてもなかなか禁煙が成功しない場合もありますから、血行促進成分が配合されたイクオスなどの育毛剤を使うのがおすすめです。

薄毛の原因には男性ホルモンが関係していた!

薄毛や抜け毛の原因の一つには男性ホルモンが関係していることが分かっていますが、直接テストステロンを抑制してしまうと薄毛以外の問題を引き起こすことになるのです。
しかも薄毛の原因には生活習慣が関係してくる場合があり、男性ホルモンへの対策だけでは解決できない場合もあり薄毛がどんどんと進行する可能性があるのです。
ですから5αリダクターゼ対策成分を配合するだけではなく、他にも頭皮の血行促進などのケア成分も配合されているイクオスなどの育毛剤が必要なのです。