薄毛・抜け毛の悩みを抱えている人にとって、育毛剤を使っての対策はとても魅力的なものになります。
カツラを使うのとは違って周囲に気を遣わせることもありませんし、何よりも自分の髪の毛が増えるというのは一番の魅力ですよね。
ですが育毛剤には副作用のリスクがある商品もあるので、高い効果にばかり注目していると危険な場合もあるのです。

もちろん安心して使える育毛剤もあるのですが、配合されている成分によっては副作用のリスクを知っておかなければなりません。
発毛効果に注目して育毛剤を選びたいのは当然ですが、副作用のリスクが少なく安心して使える育毛剤を選ぶことも大事なのです。

医薬品は危険!?育毛剤なのに様々な副作用のリスクがある

育毛剤にもいくつか種類があり分類が違ってきますが、一番効果が高そうに思えるのが医薬品として売られている商品ですよね。
ただ、医薬品として分類されるからには、配合されている成分には副作用のリスクも存在しているのです。
何もリスクがない成分であれば、医薬部外品などとして販売されるのですから、明らかに医薬品は副作用のリスクが高くなるのです。

もちろん医薬品として販売できるからには、配合成分の効果は確かなものです。
ただ、育毛剤に関しては医薬品だとしても、必ず効果が出るとは限りません。
発毛しないのに副作用だけが発症するリスクもあるのですから、利用するときにはそれなりの覚悟が必要となるのです。

本当なの?育毛剤の副作用は命に関わる危険な症状もある

医薬品として販売されている育毛剤には、フィナステリドやミノキシジルなどの成分が配合されている場合が多くなります。
こういった成分が配合されている育毛剤には、どういった副作用が起こるのか解説します。

頭皮のかゆみ

育毛剤を塗布した頭皮が炎症をおこしてしまい、かゆくなるのです。
かゆみに関しては育毛剤の副作用の中でも多いものなので、注意しておく必要があります。
かゆみだけではなく湿疹になるケースもあり、肌に合わない人もいるので注意しておく必要があるのです。

肌荒れ・ニキビ

薬品を肌に塗布するのですから、個人差もありますが肌荒れを起こすことがあります。
肌に合わない場合には頭皮環境を悪化させる原因ともなるので、注意しなければなりません。
塗布した部分にニキビが出来る場合は、普通のニキビとは違って副作用の可能性が高いのです。

多毛症・毛が濃くなる

頭皮に塗布するタイプの育毛剤の場合には、塗布した部分周辺の毛が濃くなる分には問題ないと思うかもしれません。
ですが錠剤で服用するタイプの育毛剤の場合、髪の毛以外の部分の毛が濃くなる事があるのです。

低血圧

ミノキシジルは元々が高血圧の薬だったために、使用すると血圧を下げる副作用があるのです。
普段から低血圧の人が使用すると危険が場合もあるので注意しなければなりません。
高血圧で薬を服用している場合も、効果が重なってしまうので注意しなければならないのです。

頭痛

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、普段から偏頭痛などがある人は症状が出やすくなるのです。
拡張した血管が神経にさわるので、偏頭痛の副作用が出やすくなるのです。

性欲減退・性的不能

性欲が減るだけならば良いのですが、性的不能になってしまう可能性もあるのです。
30代や40代で薄毛に悩む男性にとって、この副作用は看過できない問題になります。

むくみ

育毛剤を使うようになってから、身体のむくみを感じる場合があります。
これも副作用と考えられるので、注意しなければならないのです。
少しぐらいのむくみは気にならないかもしれませんが、それが更に怖い症状に繋がることもあるのです。

動悸・胸の痛み

育毛剤の副作用によって、胸の痛みや動悸を感じる事があります。
場合によっては心不全などの危険もありますから、気になる場合は使用を中止して病院で相談することが大事です。

医薬品として販売されている育毛剤には、そもそも女性には使えないものなどもあり、実は危険な副作用のリスクがあるのです。
こういった副作用のリスクを気にせずに「育毛剤は医薬品の方が効果が高い」と思って気軽に手を出すのはとても危険なのです!

これなら安心!医薬部外品の育毛剤には副作用のリスクがほぼない

副作用のリスクが高い医薬品の場合、使用には注意が必要ですから第一類医薬品などの分類がされています。
処方薬のように処方箋がなければ購入できない薬もあり、副作用のリスクがある薬はそれだけしっかりと管理されているのです。

育毛剤の中には第一類医薬品に分類されている商品もありますが、医薬部外品として販売されいている商品もたくさんあります。
医薬部外品に分類されている育毛剤の場合には、副作用のリスクがほとんどないと分かっていますから、処方箋などがなくても購入することが出来るのです。
ですから副作用が心配で育毛剤の使用をためらっていた人には、医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

しかも医薬部外品として分類されている育毛剤には、厚生労働省が認めた効果・効能のある有効成分が一定濃度で配合されているのです。
ですから効果の表示もしっかりとありますし、副作用のリスクも殆どないので安心して使えるのです。

個人差に注意!体質や肌質によっては副作用がでることも?

体質や肌質には個人差がありますから、薄毛・抜け毛で悩む人もいればまったく悩まずに済んでいる人もいますよね。
こういった体質の差は副作用にも関係してくるので、他の人には問題が無かった成分でも何らかの副作用が出る可能性はあるのです。
ですから育毛剤を使う場合には自分の状態をしっかりと確認することが大事であり、他の人が大丈夫だったからといって安心することは出来ないのです。

食べ物のアレルギー物質に関しても人によって違いがありますから、あくまでも自分自身に合うかどうかで判断しながら使う必要があるのです。
育毛剤の中にはチャップアップや薬用ハリモアのように、パッチテストなどを行って肌が弱い人でも安心して使える商品もあるのです。
使ってから肌に合わないと感じることが少ないように、予めテストをしておいてくれるのは助かりますよね。

何か症状が出た場合は我慢せずに速やかに病院へ

もし育毛剤を使い始めてから、それまでとは違った症状を感じるような事があった場合には、速やかに病院にいって診て貰いましょう。
育毛剤が原因となっている可能性もありますし、違う原因で症状が出ている可能性もあるのです。
育毛剤が原因だった場合には、すぐに使用を中止しなければなりません。

副作用の症状の原因成分が分かれば、それが配合されていない育毛剤を試すことも出来ます。
ですから薄毛・抜け毛の対策をしたいからといって、症状が出ているのに我慢することは止めておきましょう。
可能性はとても低いとしても、医薬部外品でも副作用が出てしまう場合はあるのです。

気になる人には低刺激のノンアルコールの育毛剤がおすすめ

育毛剤の中にはアルコールが含まれている場合も多く、これは肌への刺激となってしまうのです。
刺激になるだけではなく薬品のような匂いの原因ともなるので、独特な育毛剤の匂いが苦手な場合もアルコールが原因の可能性があるのです。
さらにアルコールは揮発性も高く、頭皮が乾燥しやすくなるので育毛剤の使いすぎにも注意しなければならないのです。

頭皮への刺激が一番気になるかもしれませんが、乾燥や匂いなどが気になる場合にもノンアルコールの育毛剤がおすすめです。
ノンアルコールの育毛剤であれば、低刺激ですから肌にも安心して使う事が出来るのです。
匂いに関してもアルコールの独特の匂いがしなくなるので、気になっていた人には使いやすくなるのです。

副作用が心配ならば医薬部外品という選択肢がある

育毛剤の効果は高い方が良いに決まっていますが、それが怖い副作用のリスクを抱えているとなると考えも変わるでしょう。
医薬品の育毛剤は効果も期待できますが、それと同時に性欲減退や低血圧などのリスクがあるので医薬品に分類されているのです。
それに比べて医薬部外品の場合、しっかりと有効成分が配合されているので効果も期待できる育毛剤になっています。
しかも副作用のリスクは医薬品と比べてとても少ないので、変な心配をせずに安心して使う事が出来るのです。